メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名古屋市

「柳橋駅」新設へ調査費 地区再開発を構想

地下鉄東山線の新駅候補地

地下鉄東山線

 名古屋市の河村たかし市長は29日、かつて市営地下鉄東山線の名古屋-伏見間に計画された「柳橋駅」の新設に向け、構想を具体化する調査費を2018年度当初予算案に計上する方針を表明した。新駅実現への第一歩となるが、巨額の建設費など課題は多く、今後の展開は流動的だ。

 同日の市議会一般質問で斎藤高央市議(自民)の質問に、河村市長は「新駅をまちづくりの起爆剤にし、柳橋市場を世界に冠たるグルメ天国にしよまい」と答弁した。

 駅の予定地は名古屋駅の南東にある柳橋中央市場の近く。市交通局によると、駅は1957年の同線開業前の計画にあったが、利用者が少ないとの予想から見送られ「幻の駅」と呼ばれる。将来の駅開設に備えたような全長約150メートルの構造物があるという。

この記事は有料記事です。

残り389文字(全文721文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 群馬・高崎にプロレス覆面専門店 東京からコロナ移住「マスク文化根付かせたい」

  2. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  3. ファクトチェック 「野党議員は自宅待機 自民党議員は無症状即入院」ツイートは不正確

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. 50代中年ウーバー配達員の奮闘、苦悩 「感謝と複雑な思いと…」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです