メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

九州電力

火力定期検査6年ごとに 現状の3倍延長へ

 九州電力は28日、燃料費が割安な石炭と液化天然ガス(LNG)の火力発電所全5カ所の定期検査の間隔を、来年9月までに現状の3倍に当たる最大6年に延ばす方針を明らかにした。今年4月からの国の検査制度活用で、石炭火力の苓北発電所(熊本県苓北町)は7月に全国初の間隔延長認定を受けたが、これを更に広げる。

 同社によると、石炭火力だと、定期検査1回につき約30億円の費用がかかるが、期間延長で大幅な削減効果が期待できる。また、修繕コスト削減も狙う。

 九電は石油も含めた火力発電所全8カ所で1基当たり5000~3万個のセンサーを設置し、温度や圧力、冷…

この記事は有料記事です。

残り391文字(全文661文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

  2. 「妊娠しないで」「謝れ」「戻る場所ない」これがマタハラの実態

  3. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  4. 丸山穂高氏、饗宴の儀で不適切言動か 「何をもって泥酔していたというのか」本人は否定

  5. 「日本で問題起きた」反日批判で外務省急変 ウィーン美術展公認取り消し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです