メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スーチー氏・法王会談

ロヒンギャ帰還、難航も

難民の選定や「市民権」付与に一定の条件か

 【ヤンゴン西脇真一】ミャンマーを訪問中のフランシスコ・ローマ法王と28日に会談したアウンサンスーチー国家顧問兼外相は、隣国バングラデシュに60万人以上逃れた少数派イスラム教徒「ロヒンギャ」の帰還準備を進めている。ただ帰還を認める難民の選定や「市民権」付与には一定の条件を付ける方向で作業は難航しそうだ。

 ミャンマーとバングラデシュ両政府は、今月23日に帰還に関する覚書に署名。近く作業部会が設置される見…

この記事は有料記事です。

残り602文字(全文824文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  2. 「古瀬がんばれ!!」五郎丸選手が佐賀工ラグビー部後輩の巡査に励ましメッセージ 交番襲撃
  3. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪
  4. 刺された古瀬巡査、高校時代はラガーマン 佐賀工ウイングで花園出場も 交番襲撃
  5. 大阪の警官襲撃・拳銃強奪 33歳男逮捕 防犯カメラ、8キロ追跡 山中、リュック枕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです