メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小6女児自殺

いじめ有無、外部専門家で調査へ 埼玉

 埼玉県鶴ケ島市の小学6年生の女子児童(11)が自宅で自殺を図ったとみられる問題で、市教育委員会は28日、いじめの有無などを調査する外部の専門家による「いじめ問題調査審議会」を年内にも設置すると発表した。

 市教委によると、女児が通っていた小学校では20日に4~6年生を対象にアンケートを実施。「(女児が)悪口を言われている…

この記事は有料記事です。

残り242文字(全文403文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. わずか2人の炭鉱の町、歴史きざむ金物店 繁栄、戦争の「生き証人」 北海道三笠

  2. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  3. AED使用時にプライバシー保護 和歌山の高校生が上半身覆うシート作製、配布

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです