小6女児自殺

いじめ有無、外部専門家で調査へ 埼玉

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 埼玉県鶴ケ島市の小学6年生の女子児童(11)が自宅で自殺を図ったとみられる問題で、市教育委員会は28日、いじめの有無などを調査する外部の専門家による「いじめ問題調査審議会」を年内にも設置すると発表した。

 市教委によると、女児が通っていた小学校では20日に4~6年生を対象にアンケートを実施。「(女児が)悪口を言われている…

この記事は有料記事です。

残り242文字(全文403文字)

あわせて読みたい

注目の特集