メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュース知りたいんジャー

進化続ける食品サンプルの秘密

 レストランぐちのショーケースになら食品しょくひんサンプル。「どのおみせはいろうか」「なにべようか」とかんがえるとき、参考さんこうにすることはありませんか? 本物ほんものそっくりで、においまでしてきそうです。一体いったいどうやってつくっているのでしょうか。最近さいきん流行りゅうこうは? いしんぼうりたいんジャーがさぐりました。【大井明子おおいあきこ

    むかしからあるのかな?

     食品しょくひんサンプルがまれたのは、大正末期たいしょうまっきから昭和初期しょうわしょきごろ(1920~30年代ねんだい)とわれていますが、はっきりしていません。このころ外食がいしょくひろまり、コロッケ、オムレツ、カレーライスなどの洋食ようしょく流行りゅうこうしました。食品しょくひんサンプルがあると、れていないひとでも料理りょうりがわかるので便利べんりだったのです。

     最初さいしょはろうでつくっていました。樹脂じゅしつくるようになったのは70年代後半ねんだいこうはんから80年代ねんだい。ろうより長持ながもちするだけでなく、こまかい部分ぶぶんまで表現ひょうげんできるので、よりリアルでおいしそうにえる食品しょくひんサンプルができるようになりました。

    海外かいがいにはないのかしら?

     食品しょくひんサンプルは日本生にっぽんうまれ。日本にっぽん飲食店いんしょくてんがアジアに進出しんしゅつするときに、一部いちぶ使つかわれるようになりましたが、アジア以外いがいではほとんどられません。こまかいところまでくばってできた食品しょくひんサンプルは、海外かいがいでは芸術作品げいじゅつさくひんのようにとらえられることもあり、岩崎いわさきでは中東ちゅうとう大金持おおがねもちから「いえかざるため」とたくさんの注文ちゅうもんはいったこともあるそうです。

     岩崎いわさき広報こうほう黒川友太くろかわゆうたさんは、「日本にっぽんにはむかしから、『食事しょくじたのしむ』文化ぶんかがあります。食品しょくひんサンプルは、日本にっぽんのこうした文化ぶんかにマッチしているのでは」とはなします。

    べちゃだめ?

     いくらおいしそうでも、べられません。食品しょくひんサンプルはビニール樹脂じゅしでできています。

     食品しょくひんサンプルメーカーの岩崎いわさき東京都大田区とうきょうとおおたく)では、ひとひとつ、本物ほんもの料理りょうりにシリコーン樹脂じゅしながしかけ、かたってつくります。できたかたにビニール樹脂じゅしながみ、オーブンで加熱かねつするとかたまります。かたからりだした食品しょくひんサンプルに、職人しょくにんさんがエアブラシ(スプレーのようにける道具どうぐ)やふでなどのいろをつけて仕上しあげます。

     「おなじハンバーグでも、おみせによっておおきさやかたち牛肉ぎゅうにく豚肉ぶたにく割合わりあい加減かげんなどがちがいます。レストランはたくさんあって、競争きょうそうはげしいので、となりのおみせおなじではだめ。食品しょくひんサンプルにも、おみせごとの個性こせいもとめられます」と、工場こうじょう製造せいぞう担当たんとうする寺島貞喜てらじまさだきさんははなしています。

    「インスタえ」流行りゅうこうしてる?

     食品しょくひんサンプルには、飲食店いんしょくてん流行りゅうこうがそのまま反映はんえいされます。最近さいきんのキーワードは「インスタえ」。レストランでがきれいなものやわっているもの写真しゃしんり、インターネットの写真共有しゃしんきょうゆうアプリ「インスタグラム」などに投稿とうこうすることが流行りゅうこうしています。このため食品しょくひんサンプルも、蛇口じゃぐちからジュースやビールがているもの、料理りょうりつくっている途中とちゅうあらわしたものなど、くもの、おどろくようなものの注文ちゅうもんえているそうです。

    外国人観光客がいこくじんかんこうきゃくにも人気にんきらしいぞ

     食品しょくひんサンプルは、言葉ことばがわからなかったり、日本にっぽん料理りょうりくわしくない外国人観光客がいこくじんかんこうきゃくにとっても、ゆびでさして注文ちゅうもんできるので便利べんりです。海外かいがいにはほとんどないため、外国人観光客がいこくじんかんこうきゃくめずらしがって写真しゃしんることもすくなくありません。食品しょくひんサンプルをつくることができる制作体験せいさくたいけん人気にんきなほか、土産みやげものとしてひとおおいそうです。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 音楽家 小室哲哉さんが引退表明 不倫疑惑受けて
    2. ORICON NEWS 小室、引退決断は「私の罪。償いはこれが精一杯」 自発的な音楽活動は「本日をもって終了」
    3. オウム 教祖四女「一人の人間として生きたい」 会見一問一答
    4. オウム高橋被告判決 最後の法廷、謝罪なく
    5. ORICON NEWS マーク・パンサー、小室引退に戸惑い「グローブのともし火は消さない」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]