北朝鮮

新型ICBM発射 トランプ氏「金氏は哀れなやつ」 「最大限の圧力」強調

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ワシントン高本耕太】トランプ米大統領は29日、中西部ミズーリ州での演説の中で、弾道ミサイルの発射実験をした北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長を「哀れなやつ」と非難し、最近は封印していた金氏への中傷を再開した。また同日、自らのツイッターに「北朝鮮に大規模な追加制裁を科す」と投稿し、「この事態に対処する」とも主張。北朝鮮に「最大限の圧力」をかける方針を改めて強調した。

 演説は税制改革に関するもので、トランプ氏は支持者を前に「減税は米国経済にとってロケット燃料になる」と述べたところで台本を離れ、金委員長を「リトル・ロケットマン」とこき下ろした。その後、「哀れなやつ」とも発言。トランプ氏は今月3~14日のアジア歴訪中、金氏に対する個人的中傷や批判は自制していた。

この記事は有料記事です。

残り329文字(全文669文字)

あわせて読みたい

注目の特集