メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

演劇

「管理人」 リアルな息づかい=評・濱田元子

 人間とはかくもおかしく、かくも悲しい存在なのか。ハロルド・ピンターの一筋縄ではいかない戯曲に挑んだ演出の森新太郎が、“不条理劇”という固定概念に清新な息吹を注ぐ。緊張感あふれるやりとりの中、リアルな息づかいでそれぞれ思惑を抱えた3人の男たちを濃密に描き出す。温水洋一が快演。徐賀世子の新訳。

 宿無しの老人デーヴィス(温水洋一)がアストン(忍成修吾)に連れて来られたのは、ロンドン西部のがらくただらけの一室。デーヴィスの前に、がらくたを集めるアストンと、リフォーマーと称するその弟ミック(溝端…

この記事は有料記事です。

残り369文字(全文615文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風12号、24~25日に東日本から東北に接近の恐れ 土砂災害など警戒を

  2. 入手までの時間がカギ「緊急避妊薬をもっと簡単に」 コロナで不安の声高まる

  3. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  4. 歌手の守屋浩さん死去 81歳 「僕は泣いちっち」「大学かぞえうた」

  5. ベーシックインカムじわり脚光 日本でも導入求める声 米独など各国で実験

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです