メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

演劇

「管理人」 リアルな息づかい=評・濱田元子

 人間とはかくもおかしく、かくも悲しい存在なのか。ハロルド・ピンターの一筋縄ではいかない戯曲に挑んだ演出の森新太郎が、“不条理劇”という固定概念に清新な息吹を注ぐ。緊張感あふれるやりとりの中、リアルな息づかいでそれぞれ思惑を抱えた3人の男たちを濃密に描き出す。温水洋一が快演。徐賀世子の新訳。

 宿無しの老人デーヴィス(温水洋一)がアストン(忍成修吾)に連れて来られたのは、ロンドン西部のがらくただらけの一室。デーヴィスの前に、がらくたを集めるアストンと、リフォーマーと称するその弟ミック(溝端…

この記事は有料記事です。

残り369文字(全文615文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相の言いたい放題、なぜ許される 批判の声と許容の声
  2. 盗難の松本清張全集、ファン寄贈 北九州の図書館、書棚に戻る
  3. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  4. タイヤチェーン 大雪時に装着義務、今冬から13区間で 「夏タイヤ規制が先」の声も
  5. 特集ワイド 道徳教材、透ける「押し付け」 中学教科書、開いてみると…

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです