メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

加藤健一事務所

「夢一夜」 LGBTに焦点「みんな途中に」

加藤健一さん=濱田元子撮影

 加藤健一事務所が第100回公演となる「夢一夜」(カトリーヌ・フィユー作、常田景子訳、堤泰之演出)を12月6~17日、東京・紀伊国屋サザンシアターで上演する。LGBTなど性的少数者らさまざまなマイノリティーの立場の人々にスポットを当て、アイデンティティーを問いかける作品で日本初演。加藤は「ずいぶん前に読んでいた本ですが、LGBTがようやく日本の社会にも浸透してきたかな」と語る。

 舞台は米ニューヨーク州バファローのモーテル。吹雪の中、「ミス・バファロー・コンテスト」出場のために…

この記事は有料記事です。

残り461文字(全文701文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
  2. 「私がやったことではない」容疑者は否認 拳銃強奪
  3. 容疑者、都内のゴルフ場でアルバイト 幼少期から高校生まで吹田で暮らす 拳銃強奪
  4. 食戟のソーマ 「ジャンプ」のグルメマンガが7年の連載に幕 その後描く特別編も
  5. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです