メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私の出発点

高橋源一郎さん『さようなら、ギャングたち』 弱さ、読者の心自由に

作家、高橋源一郎さん=神奈川県内で2017年11月、鶴谷真撮影

「ダディ」とキャラウェイが背中で言った。

「何? キャラウェイ。のどがかわいたの?」

「ううん、ちがうのダディ。キャラウェイ、じぶんであるいてく」

「いいから、ダディはキャラウェイをおんぶしていきたいんだ」

(『さようなら、ギャングたち』講談社文芸文庫より)

 時に論壇の紙誌で、時にラジオのおしゃべりで。易しい言葉が持ち味のオピニオンリーダーだ。「僕は5回結婚して子供が5人いる、現在の妻は最初の結婚で生まれた娘より年下で……」という昔の文士ばりの生き方を隠さず、本紙では「人生相談」の滋味あふれる回答が人気。そんな「頼りになる兄貴分」かつ「愉快なおじさん」のような作家は、あらゆるルールを疑い、壊し、闘う場として小説を書いてきた前衛の人である。

この記事は有料記事です。

残り1688文字(全文2007文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  4. ガンバレルーヤ・よしこさん 病気のため一時休養を発表
  5. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです