熊本地震

九州新幹線脱線 運輸安全委が報告書

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 昨年4月の熊本地震の前震により回送中の九州新幹線(6両編成)が脱線した事故で、国の運輸安全委員会は30日、「脱線防止装置が設置されていれば、脱線の発生リスクを低下できた可能性がある」などとする調査報告書を公表した。

 報告書によると、回送車両は同4月14日午後9時25分にJR熊本駅を発車。約1分後、…

この記事は有料記事です。

残り174文字(全文324文字)

あわせて読みたい

注目の特集