連載

憂楽帳

50年以上続く毎日新聞夕刊社会面掲載のコラム。編集局の副部長クラスが交代で執筆。記者個人の身近なテーマを取り上げます。

連載一覧

憂楽帳

人生選択の自由

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 今週、NHKの朝ドラの配役紹介でヒロインの姓が変わった。結婚による改姓は朝ドラの定番だ。前作「ひよっこ」ではヒロインが結婚した最終回で夫の姓に変わった配役紹介が流れ、話題になった。選択的夫婦別姓を求める声が高まる平成の世でも昭和の描写が好意的に受け止められたのは意外だった。「結婚」と「女性の改姓」を結びつける社会通念の強さを再認識した。

 中山和弘・聖路加国際大教授(看護情報学)によると、人生の選択の自由度が高い国ほど国民の幸福感が高い。限られた選択肢の下では最適な判断はできないからだ。ところが日本の幸福感は先進国の中でも下位(世界幸福度報告2017)。世界価値観調査(10~14年)では、日本人の「人生の自由度」の認識は57カ国・地域中最下位だ。中山さんは「夫婦同姓も人生の選択肢がない例」と指摘する。現在の制度では女性が9割以上改…

この記事は有料記事です。

残り71文字(全文441文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集