メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南河内万歳一座

「びっくり仰天街」来月7~12日・大阪で上演

「びっくり仰天街」を作・演出する内藤裕敬=大阪市北区で、関雄輔撮影

 大阪を拠点とする南河内万歳一座の「びっくり仰天街」が12月7~12日、大阪市天王寺区の一心寺シアター倶楽(くら)で上演される。アパートから失踪した謎の人物を巡る物語で、2010年に初演された作品を大幅に書き直しての再演。座長で作・演出を手がける内藤裕敬は「作家としての転機になった作品。未熟だった部分を磨き上げ、より踏み込んだ展開にしたい」と語る。

 舞台は、アパートの家財道具が運び出され、野ざらしになっている道端。知人の通夜に向かおうとする人々が…

この記事は有料記事です。

残り220文字(全文445文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 安室奈美恵、引退前夜に故郷沖縄でライブ 異例のフェス形式「とても光栄」
  2. 大阪市有識者懇 天王寺動物園「独法化」提言 全国でも初
  3. 特集ワイド この国はどこへ行こうとしているのか 平成最後の夏に… ジャーナリスト・伊藤詩織さん
  4. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  5. 20政令市 日焼け止めクリーム、プールで半数ダメの訳

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです