メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南河内万歳一座

「びっくり仰天街」来月7~12日・大阪で上演

「びっくり仰天街」を作・演出する内藤裕敬=大阪市北区で、関雄輔撮影

 大阪を拠点とする南河内万歳一座の「びっくり仰天街」が12月7~12日、大阪市天王寺区の一心寺シアター倶楽(くら)で上演される。アパートから失踪した謎の人物を巡る物語で、2010年に初演された作品を大幅に書き直しての再演。座長で作・演出を手がける内藤裕敬は「作家としての転機になった作品。未熟だった部分を磨き上げ、より踏み込んだ展開にしたい」と語る。

 舞台は、アパートの家財道具が運び出され、野ざらしになっている道端。知人の通夜に向かおうとする人々が…

この記事は有料記事です。

残り220文字(全文445文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で
  2. なぜ首相は「立憲民主党」を「民主党」と何度も同じ箇所で間違えるのか
  3. 三菱自動車岡崎の主戦・仲井 独特の投げ方武器に初登板飾る
  4. ガンダム 「0080」のNT-1のガンプラがクリアカラーに 内部フレームが見える アーマー着脱も
  5. あなたの参院選 氷河期世代の人生再設計は ロスジェネの逆襲も?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです