メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

幸之助と私

パナソニック100年/下 困難の度に勇気 阪根信一さん(46)ベンチャー経営者

理学博士の阪根信一さん。父が創業した機械部品メーカーの社長も経験した=東京都港区で、太田康男撮影

 ベンチャー企業を興し、衣類をきれいに畳む世界初の装置を開発しました。この「ランドロイド」は約185万円(税抜き)で来年受注を始めますが、既に数百人が購入を望んでいます。私のビジネスに影響を与えた人こそ松下幸之助さん。米国で大学院生だった頃に読みふけった著書は私のバイブルです。

 世の中にまだなく、社会を豊かにする何かを発想し、届けることが本当の商売だ、といったことを幸之助さんは述べています。ランドロイドを開発するきっかけも「洗濯物自動折り畳み機が欲しい」という妻の言葉。2011年にベンチャー企業「セブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズ」を創業しました。

 困難に直面する度、幸之助さんの言葉が力になりました。約束した出資を受ける2週間前に先方からキャンセ…

この記事は有料記事です。

残り387文字(全文715文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天気 埼玉・熊谷で41.1度 国内観測史上最高
  2. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  3. 天気 大暑 東京・青梅で40.3度 各地で39度超え
  4. あおり運転殺人 22歳砕かれた一歩「大好きなバイクで」
  5. 首都大学東京 「東京都立大」復活? 名称変更の検討開始

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]