連載

憂楽帳

50年以上続く毎日新聞夕刊社会面掲載のコラム。編集局の副部長クラスが交代で執筆。記者個人の身近なテーマを取り上げます。

連載一覧

憂楽帳

もてなしの心

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 福岡市を走る「プレミアムタクシー」をご存じだろうか。博多織の献上柄をはった車体が目印だ。料金は一般タクシーと変わらず、乗ってみると運転手の丁寧な対応が心地よい。それもそのはず、運転手になるには多くのハードルがある。

 まず1年以上無事故無違反であること。勤務経験は1年以上。接遇や観光に関する4日間の講習も受けねばならない。制度が始まったのは2009年。当時の…

この記事は有料記事です。

残り271文字(全文451文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集