メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

「震災の記憶」つなぐ 広域ネット発足 連携の輪参加を 石巻 /宮城

「3.11メモリアルネットワーク」発足を決める会合に集まった多くの参加者たち=石巻市千石町で

 東日本大震災の記憶と教訓を後世に伝えるため活動する団体や個人をつなぐ広域組織「3・11メモリアルネットワーク」が石巻市で発足した。同ネットは12月4日の初会合を前に、広く自治体の枠を超えた参加を呼びかけている。民間基金を創設して人材育成などに活用する計画で、活動を息長く続けるための連携の基盤になることを目指す。

 同ネットは、震災伝承の学習会などを通じ情報共有を続けてきた民官学の有志による「石巻ビジターズ産業ネットワーク」が母体となり、11月17日に発足した。12月4日に初の全体会を開いて代表を決める予定で、29日時点で21団体と、県内や岩手県釜石市など86人の個人から申し込みがあるという。

この記事は有料記事です。

残り516文字(全文815文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. ORICON NEWS 岡村隆史、10年来の友人と結婚 決め手は「ここ半年くらい本当に支えてもらった」

  4. 石破氏動かした幹部の一言 2日徹夜して決断「これが俺の生き様」

  5. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです