JR日光線

観光客向けに改造 1編成を愛称「いろは」に /栃木

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 JR東日本大宮支社は、日光線の1編成の車両を観光客向けに改造すると発表した。愛称は「いろは」で、日光の名所「いろは坂」にちなんだ。ロゴマークは、いろは坂の頭文字の「い」をモチーフに特徴であるカーブも表現。大型観光企画「デスティネーションキャンペーン(DC)」に合わせ、来年4月から宇都宮-日光駅間で運行する予定。

 1編成は4両。内装が木目調で、つり革は木製と、落ち着いた雰囲気。増加傾向のインバウンド(訪日外国人)に対応するため、ドア上に案内表示器を新設し、英語でも表記する。同支社によると、首都圏の在来線では初となる無料Wi-Fi(公衆無線LAN)も整備し、サービスの充実を図る。また、スーツケースなどの大型荷物を置ける場所を設けるほか、座席は2列と1列の大型で、大柄な外国人の利用を想定している。

この記事は有料記事です。

残り136文字(全文487文字)

あわせて読みたい

注目の特集