メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

糸魚川大火

復興住宅、設計業者決まる 糸魚川産木材を提案 /新潟

 糸魚川市は、大火で被災したものの、住宅を再建しない住民向けに整備する(仮称)駅北大火復興市営住宅の実施設計業務を「スタジオ・クハラ・ヤギ」(東京都千代田区)に、同住宅1階に誘致する訪問診療所の運営を「MED AGRI CLINIC」(茨城県つくばみらい市)に委ねると決めた。

 市によると、プロポーザル(企画提案)方式で行った設計業務の募集には8社が応募。審査の結果、構造部材に糸魚川産の木材を使うなどの魅力的な提案をし…

この記事は有料記事です。

残り317文字(全文527文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  2. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

  3. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  4. 相模原殺傷被告、障害者排斥の主張変えず 「死怖い」極刑は恐れ

  5. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです