メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

楽都音楽祭

メイン作曲家、来春はモーツァルト 北陸各地で開催 /石川

「いしかわ・金沢風と緑の楽都音楽祭」実行委員会会合前に行われた演奏に聴き入る委員たち=金沢市昭和町の県立音楽堂で、久木田照子撮影

 来年4~5月の大型連休に開かれる「いしかわ・金沢風と緑の楽都音楽祭」の実行委員会は29日、モーツァルトをメイン作曲家にすると決めた。世界で活躍する音楽家が出演し、交響曲や協奏曲など多彩な作品を北陸各地で響かせる。

 音楽祭は2008~16年の「ラ・フォル・ジュルネ金沢」に代わる催しで、地元音楽関係者や自治体、企業がプログラム構成や運営を担う。今年4~5月に開催した初回は、ベートーベンをメインに178公演を行い、前年を上回る11万1840人が来場した。

 2回目となる来年は4月28日~5月5日、金沢市を中心に北陸3県のホールや街角で有料、無料の約170…

この記事は有料記事です。

残り388文字(全文665文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. セクハラ防止ポスター 困り顔の男性をアップ 批判相次ぐ
  5. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです