メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

楽都音楽祭

メイン作曲家、来春はモーツァルト 北陸各地で開催 /石川

「いしかわ・金沢風と緑の楽都音楽祭」実行委員会会合前に行われた演奏に聴き入る委員たち=金沢市昭和町の県立音楽堂で、久木田照子撮影

 来年4~5月の大型連休に開かれる「いしかわ・金沢風と緑の楽都音楽祭」の実行委員会は29日、モーツァルトをメイン作曲家にすると決めた。世界で活躍する音楽家が出演し、交響曲や協奏曲など多彩な作品を北陸各地で響かせる。

 音楽祭は2008~16年の「ラ・フォル・ジュルネ金沢」に代わる催しで、地元音楽関係者や自治体、企業がプログラム構成や運営を担う。今年4~5月に開催した初回は、ベートーベンをメインに178公演を行い、前年を上回る11万1840人が来場した。

 2回目となる来年は4月28日~5月5日、金沢市を中心に北陸3県のホールや街角で有料、無料の約170…

この記事は有料記事です。

残り388文字(全文665文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 最先端の電子顕微鏡が損傷 大阪大
  2. 銀魂 実写版続編に三浦春馬&窪田正孝“参戦”! 伊東鴨太郎、河上万斉のビジュアル公開
  3. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索
  4. 高槻市教委 倒壊の塀、学校側が3年前に「危険性」指摘 
  5. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]