メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外新型コロナ、国内の死者5000人に
えり

大被害 来月5日に氷魚解禁延期 台風ダメ押し 懸命の修復 /滋賀

台風で傾いたり水没したりの被害を受けたえりの支柱=滋賀県野洲市沖で、塚原和俊撮影

 琵琶湖の伝統漁法の定置網「えり」の多くが10月の台風21号による風で大被害を受けていることが分かった。修復に時間がかかり、県漁連は12月1日の氷魚(ひうお)(アユの子魚)漁解禁を5日に延期したが、操業可能な登録えりは68統中46統と3分の2程度の見通しだ。望月幸三・県漁連会長は「壊滅的だ。約50年の漁師人生で初めてだ。さらに今年は天然アユの産卵状況も悪かった」と述べ、昨年の大不漁に続き、今季の氷魚漁にも懸念を示した。

 えりは湖岸近くから沖合にかけて設置した大掛かりな定置網で、魚の習性を利用して誘い込んで取る。望月会長の話では、湖底から伸びる強化プラスチック製のえりの支柱が折れたり曲がったり傾いたりして「ぐちゃぐちゃになった」。堅田漁協の今井政治副組合長のえりも湖底から杭(くい)が抜けて修復中で、ダイバーを2回入れたといい、「これだけの被害は経験がない」と話した。

この記事は有料記事です。

残り489文字(全文876文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 香取慎吾さん「声に出せることしか投稿しない」 SNSでの中傷がテーマのドラマに主演

  3. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  4. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  5. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです