メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国際高校生選抜書展

書の甲子園 八頭2年・久保田さん準大賞 八頭が地区団体準優勝 /鳥取

「書の甲子園」で準大賞に選ばれた八頭高の久保田なつみさん=鳥取県八頭町で、松本博子撮影

 「書の甲子園」で知られる第26回国際高校生選抜書展(毎日新聞社、毎日書道会主催)で、県内からは八頭高2年、久保田なつみさん(17)が準大賞に輝いた。同3年、池本麻莉さん(18)▽鳥取東高3年、森木夢羽(ゆう)さん(18)が秀作賞に選ばれ、鳥取城北高、倉吉総産高など4校から計14人が入選。中国地区団体で八頭高が準優勝した。展覧会は2018年1月30日から2月4日まで、大阪市天王寺区の大阪市立美術館で開かれる。主な受賞者に喜びの声を聞いた。【松本博子】

この記事は有料記事です。

残り1233文字(全文1460文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  3. 政治 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  4. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです