メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

とっとり・キャンパる

ベトナムで企業研修 /鳥取

 私は大学を1年休学し、10月からベトナム経済の中心ホーチミンで企業研修を始めた。

 まだ暗い午前6時ごろ、コーヒーの氷を砕く爽快な音で街が目覚める。日中は陽光に照らされ、突然猛烈なスコールがやってくる。変化の激しい南国の天候のように、人々も喜怒哀楽がはっきりしていて、包み隠さないその性格には自然と親しみを覚える。街並みは歴史的背景からフランスとアジアの文化や雰囲気が混在し調和している。放置されたバイクでさえ、路地裏に映える。ベトナムは今、経済成長が著しく、若い人が多いため活気に満ちあふれている。

 研修では、貿易、投資、食品卸業を営む社長から経営のノウハウを実地に学んでいる。仕事は営業や交渉、配…

この記事は有料記事です。

残り513文字(全文813文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. GPIF理事長を減給処分 「女性と関係」内部通報、監査委員に報告遅れ

  3. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  4. 茨城・那珂川 氾濫発生情報出さず 巡視員通報・職員確認も生かせず 国交省関東地方整備局

  5. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです