メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

四国見聞録

香川県土庄町 豊島 アート・自然、心豊かな島に 棚田再生地に美術館 瀬戸内国際芸術祭の舞台 /四国

棚田と瀬戸内海を一望できる風景=香川県土庄町の豊島で、小川和久撮影

「地産」仕掛けに戻る人、若い移住者も

 瀬戸内海に浮かぶ香川県土庄町の豊島(てしま)。今年3月、島民を長年苦しめた産業廃棄物が完全に撤去され、大きな節目を迎えた。近年は風光明媚(めいび)なアートの島として知られ、3年に1回の瀬戸内国際芸術祭の舞台にもなっている。島を訪れると、地域に根ざした産品を守りながら、若い移住者も活躍していた。【小川和久】

 11月中旬、高松港から高速船で約50分、豊島・家浦港に到着した。島で唯一の土産店「豊島マルシェ」が…

この記事は有料記事です。

残り1060文字(全文1282文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. カジノ法案 19日にも採決 借金限度額など決めないまま
  2. 東京・目黒の5歳虐待死 SOS届かず 「パパいらん」「パパがたたいた」訴えたが きょう起訴判断
  3. セブン-イレブン 100円ビール発売中止
  4. 消えない傷 性的虐待に遭って 第3章/1 風呂は恐怖の時間
  5. 第100回全国高校野球 地方大会 西東京 14日

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]