メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

四国見聞録

香川県土庄町 豊島 アート・自然、心豊かな島に 棚田再生地に美術館 瀬戸内国際芸術祭の舞台 /四国

棚田と瀬戸内海を一望できる風景=香川県土庄町の豊島で、小川和久撮影

「地産」仕掛けに戻る人、若い移住者も

 瀬戸内海に浮かぶ香川県土庄町の豊島(てしま)。今年3月、島民を長年苦しめた産業廃棄物が完全に撤去され、大きな節目を迎えた。近年は風光明媚(めいび)なアートの島として知られ、3年に1回の瀬戸内国際芸術祭の舞台にもなっている。島を訪れると、地域に根ざした産品を守りながら、若い移住者も活躍していた。【小川和久】

 11月中旬、高松港から高速船で約50分、豊島・家浦港に到着した。島で唯一の土産店「豊島マルシェ」が…

この記事は有料記事です。

残り1060文字(全文1282文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 在日3世 苦難の歴史、一人芝居の公演120回
  2. あおり運転 容疑で元勤務医逮捕 幅寄せでバイク男性重傷
  3. 万引き犯 メルカリ内で捜索 書店、執念の「御用」
  4. 交通事故 2人はねられ死亡 兵庫・姫路の交差点
  5. 朝鮮学校無償化 名古屋駅前で訴える 損賠請求裁判の判決を前に /愛知

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]