メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2017

ICBM発射(その2止) 圧力路線手詰まり 米、強硬論も再浮上

 【ワシントン高本耕太】軍事的挑発を再開した北朝鮮に対し、トランプ米政権は圧倒的な軍事力を背景にした最大限の圧力をかけ続け、方針転換を促す方針を維持する構えだ。だが、28日(日本時間29日未明)の弾道ミサイルは米本土を射程に入れる可能性があるなど、北朝鮮の技術進展に歯止めのかからない状況に対して、米国内からはいら立ちの声や強硬論も上がり始めている。

 「しっかり対応していく。この事態に対処する」。トランプ大統領は28日、ホワイトハウスで記者団にこう…

この記事は有料記事です。

残り1832文字(全文2057文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮崎で竜巻か 車が横転、屋根も飛ぶ 5510戸が停電

  2. ORICON NEWS 水川あさみが窪田正孝と結婚「互いに人としても役者としても尊敬」[コメント全文]

  3. ORICON NEWS 窪田正孝&水川あさみが結婚 正式発表「にぎやかで面白い家庭を」[コメント全文]

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 台風15号が千葉県直撃 組閣を優先した「棄民」政権

  5. 徳島、大分、熊本、宮崎で「レベル4相当」 台風17号、九州西側に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです