北朝鮮

ICBM発射 日米外相が協議

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 河野太郎外相は29日、北朝鮮の大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射を受け、ティラーソン米国務長官と電話で協議した。「日米両国の安全保障を脅かし、断じて容認できない」との認識で一致。国連安全保障理事会の制裁決議の完全な履行を世界各国に呼びかけ、緊密に連携する方針を確認した。

 河野氏はこれに先立つ記者会見で、米ニュ…

この記事は有料記事です。

残り50文字(全文206文字)

あわせて読みたい

ニュース特集