北朝鮮

ICBM発射 韓国、即時対応を強調 発射兆候、事前に察知 文大統領 対抗演習、2日前指示

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
北朝鮮のミサイル発射に対抗して実施された韓国軍のミサイル発射訓練=韓国東岸で29日、韓国国防省提供、聯合・ロイター
北朝鮮のミサイル発射に対抗して実施された韓国軍のミサイル発射訓練=韓国東岸で29日、韓国国防省提供、聯合・ロイター

 【ソウル大貫智子】北朝鮮による大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射に対し、韓国政府は29日、事前に兆候を察知し、即座に十分な対応をとったことを強調した。来年2月の平昌(ピョンチャン)冬季五輪に向け、緊張が高まらないよう国内外に安全性をアピールした格好だ。ただ、北朝鮮による新たな挑発行為の可能性もあり、韓国軍は警戒態勢を強めている。

 「国民の皆さんは過度に不安になったり心配したりしないでください」。ミサイル発射を受け、29日早朝に青瓦台(大統領府)で開かれた国家安全保障会議で、文在寅(ムンジェイン)大統領は事前に兆候をつかんでいたと強調したうえでこう呼びかけた。

この記事は有料記事です。

残り3041文字(全文3324文字)

あわせて読みたい

注目の特集