メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

マンション外壁、タイル剥離も

浮きが生じ、せり上がった外壁タイル=さくら事務所提供

 見た目の高級感や耐久性から、分譲マンションは外壁をタイル張り仕上げにしていることが多い。だが、タイルが剥がれ落ち、その対応に悩むケースも少なくない。管理組合はどうすればいいのか。

 ●死傷事故が発生

 マンションの外壁には、タイル張りと吹き付け塗装がある。タイル張りはコンクリート外壁を磁器材などタイルで覆う工法。見た目が美しく重厚な仕上がりになり、コンクリートの劣化防止など耐久性が高まることから、多くのマンションで採用されている。

 代表的な施工方法の「湿式工法」の一つは、コンクリートに下地モルタル、張り付けモルタルの順に塗りタイルを強く押し込んで張り付ける。異なる材料をサンドイッチ状にはさみ込むため、温湿度の変化を受けると材料ごとに伸縮が異なって「ひずみ差」が生まれ、経年劣化で剥がれやすい性質がある=図。実際、海外で使われることは少なく、スイスなどは禁止している。また、かつては熟練職人が担っていたが1980年代から効率重視…

この記事は有料記事です。

残り1982文字(全文2398文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  2. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  3. 特集ワイド 「桜を見る会」スクープ、赤旗 視点変え、見えた腐敗

  4. 今年最も流れた曲 あいみょん

  5. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです