メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ゆるキャラ

ご当地キャラ先駆け「スギッチ」活動に幕

後継の「んだッチ」(右)と別れを惜しむ「スギッチ」(中央)=秋田県庁で2017年11月29日午後1時13分、山本康介撮影

 秋田県のマスコットキャラクター「スギッチ」が29日、県職員を退職し、引退した。デビューから10年以上にわたるPR活動を終え、県庁にはファンらが集まり、別れを惜しんだ。【山本康介】

 最後の出勤日を迎えたスギッチは午後1時過ぎ、県庁の応接室に佐竹敬久知事を訪問。知事から退職の辞令と、「県マスコットとして多くの人々を元気にしてくれました」などと書かれた感謝状を手渡された。

 佐竹知事が「大変長い間ご苦労様でした」と功績をたたえると、スギッチは「みんな、だいスギッチ(大好き)」とのメッセージを披露した。同席した後継のキャラクター「んだッチ」と抱き合う一幕もあった。

この記事は有料記事です。

残り989文字(全文1270文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 判決に涙を流した周庭氏 禁錮10月の実刑で初の収監、保釈申請も却下 香港

  2. 菅政権への打撃必至 吉川元農相の現金授受疑惑 野党「私物化政治の極み」と批判

  3. 決勝はホンダvsNTT東日本 ともに3回目の優勝目指し、3日対戦 都市対抗

  4. セガサミー「助っ人ルーキー」大内が躍動、充実感も 「来年は自チームで」 都市対抗

  5. 偽の「市長意見書」を離婚訴訟で証拠提出 容疑の福知山市職員逮捕 京都府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです