動物保護センター

寄付で建て替え断念 目標大幅に下回る

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
神奈川県動物保護センター建設に向け、寄付を呼びかける県のパンフレット=2017年11月29日、宇多川はるか撮影
神奈川県動物保護センター建設に向け、寄付を呼びかける県のパンフレット=2017年11月29日、宇多川はるか撮影

 神奈川県動物保護センター(同県平塚市)の建て替えを巡り、黒岩祐治知事は29日の県議会で、財源に充てる県費が16億円になるとの見込みを示した。「犬猫を殺処分する施設から動物愛護拠点への転換」を掲げた黒岩知事肝いりの計画で、当初は工費を全額寄付で賄う方針だったが集まらず、寄付による建設を断念。県議会では、財源の見通しの甘さを指摘する声が上がっていた。

 県は2014年度に犬猫の「殺処分ゼロ」を達成したのを機に、老朽化した動物保護センターの建て替えを計画。ガス処分室や焼却施設を設置せず、保護された犬猫を新しい飼い主に譲渡するなど「生かすための施設」を目指している。財源は「多くの人と思いを共有し、動物愛護の輪を広げたい」との理由で、本館工費11億円(当初見込み)を全額寄付で賄うことにした。

この記事は有料記事です。

残り388文字(全文733文字)

あわせて読みたい

ニュース特集