メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

笹子トンネル事故

中日本高速前社長ら8人書類送検

2012年12月2日、天井板崩落事故があった中央自動車道上り線の笹子トンネル入り口付近=山梨県甲州市で、本社ヘリから

 2012年12月、9人が死亡した山梨県大月市の中央自動車道笹子(ささご)トンネルの天井板崩落事故で、山梨県警は30日、管理会社の「中日本高速道路」と保守点検を行っていた子会社「中日本ハイウェイ・エンジニアリング東京」の当時の両社長ら8人を業務上過失致死傷容疑で甲府地検に書類送検した。

     県警は事故原因について、老朽化したボルトが脱落してつり金具が外れ、コンクリート製の天井板などが連鎖して崩落したと断定。00年の検査でボルトの一部に脱落や緩み、腐食が確認されており、遅くとも事故2カ月前に詳細な点検や検査を実施すべきだったと判断した。送検を受け、同地検が起訴の可否を判断する。

    中日本高速道路八王子支社の監視カメラのモニターに映し出された中央自動車道笹子トンネル内の事故現場=2012年12月2日

     送検されたのは、中日本高速の金子剛一前社長と吉川良一元専務、中日本ハイウェイ・エンジニアリング東京の岩田久志前社長と風間匡前副社長の役員4人と、両社の保守点検の担当者ら4人。

     8人は12年9~10月、特殊なハンマーを使って不具合を調べる打音検査などを怠り、コンクリート製の天井板を支えていたトンネル最上部のアンカーボルトの緩みを見逃して、約2カ月後の同年12月2日に発生した天井板約340枚の崩落事故を招いたとされる。

     トンネルは1977年に完成。換気のため天井板を取り付けて空間を設けていた。天井板は最上部からボルトで固定したつり金具で引っ張る構造だった。

     中日本高速側は社内のマニュアルで、打音検査や、触診や機器を活用した詳細点検を5~10年に1回程度行うと定めていた。しかし、最上部のボルトの詳しい点検は00年が最後で、崩落2カ月前の点検でも目視確認にとどまっていた。【滝川大貴、井川諒太郎】

     【ことば】笹子トンネル天井板崩落事故

     2012年12月2日午前8時ごろ、山梨県大月市の中央自動車道上り線・笹子トンネル(山梨県大月市-同甲州市)内で発生。コンクリート製の天井板約340枚が約140メートルにわたって落下し、車3台が下敷きになった。27~74歳の男女9人が死亡したほか、女性2人が負傷した。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
    2. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
    3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
    4. 秋の味覚 毒キノコに注意を 大豊作の兆し
    5. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国首脳ら

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです