メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

警察犬

ワンパワー採用拡大 不明者捜索で出動増 福井

今年10月にあった審査会の様子=福井県警提供

 行方不明者捜索のため、福井県内の警察犬の出動回数が増えている。2011年には4回だったが、今年は10月末で既に8倍の32回だ。背景の一つに高齢化の進行があるとみられる。イヌの嗅覚は人間の3000~1億倍とされており、県警幹部も「マンパワー(人の力)だけではなく『ワンパワー』が欠かせない」と期待する。県警は採用枠を拡大するなど、幾つもの対策を講じている。【大森治幸】

 同県内で活動する警察犬は全て民間が飼育している「嘱託警察犬」で、県警の依頼に応じて犯罪捜査や行方不…

この記事は有料記事です。

残り736文字(全文970文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 堀江「相手が強くてかなわなかった」 ラグビーW杯 日本4強ならず

  4. 「日本はこれから強くなる」リーチ主将 ラグビーW杯 日本4強ならず

  5. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです