メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福岡市

12月1日にミサイル訓練 列車も一時停止

訓練の実施を知らせるチラシを配る福岡市職員ら=同市中央区で2017年11月30日午前8時過ぎ、合田月美撮影

 北朝鮮からの弾道ミサイル飛来に備えた訓練を福岡市が12月1日午前に実施し、市内の地下鉄とJR在来線、私鉄の全列車が数分間止まる。11月29日には北朝鮮が弾道ミサイルを発射したばかり。市は混乱を避けるためポスターやチラシ配布などで周知を図っている。だが、一部の市民団体は「不安をあおるだけ」と中止を求めている。

 市は30日朝、同市中央区天神で、訓練によるメール配信などを知らせるチラシを通勤者らに配布した。

この記事は有料記事です。

残り425文字(全文628文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 東京オリンピック開催「米国次第」 組織委理事の高橋治之氏が発言と米紙報道

  3. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  4. 日産、2030年代早期に新型車をすべて電動車に 日米中欧の市場で

  5. 「見捨てられるのでは」都民フ議員、都議選を前に焦り 小池氏は自民と接近?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです