東急電鉄

田園都市線の新型車両2020系を公開

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
報道陣に公開された東急の2020系車両=横浜市緑区で2017年11月30日午後0時57分、米田堅持撮影
報道陣に公開された東急の2020系車両=横浜市緑区で2017年11月30日午後0時57分、米田堅持撮影

 東京急行電鉄(東京都渋谷区)は30日、2018年春に田園都市線への導入を予定している新型車両2020系を長津田駅(横浜市緑区)構内で報道陣に公開した。02年以来の新型車両の導入で、18年春に10両編成を3編成、計30両を導入する。

 2020系は20年の東京五輪、22年の同社創業100年に向けて同線に親しみを持ってもらおうと導入する車両で、車内には同社初となる空気清浄機を備えるほか、座席の背もたれを高くしたハイバック仕様で快適性を向上。車いすやベビーカーが置けるフリースペースも設置した。また、ドア上と連結部、座席上にデジタルサイネージ(電子…

この記事は有料記事です。

残り411文字(全文684文字)

あわせて読みたい

注目の特集