メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

子宮頸がんワクチン

7割症状変わらず 厚労省研究班報告

 子宮頸(けい)がんワクチン接種後に痛みや運動障害の訴えが相次いでいる問題で、厚生労働省の研究班(代表=祖父江友孝・大阪大教授)は29日、現在も医療機関に通う患者45人の調査結果を専門家会議に報告した。平均9カ月の追跡期間中、症状が変わらないか、一進一退を繰り返している人が約7割の31人に上る一方、9人が…

この記事は有料記事です。

残り231文字(全文384文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元徴用工訴訟、日本資産の現金化は「望ましくない」  韓国大統領

  2. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  3. 山口・宇部の病院で70人のクラスター 入院患者と職員

  4. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  5. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです