高崎健康福祉大

母の育児放棄は胎児期に決まる 研究発表

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
高崎健康福祉大の下川哲昭教授らのグループの研究成果を示した資料
高崎健康福祉大の下川哲昭教授らのグループの研究成果を示した資料

マウス実験 原因にホルモン「プロラクチン」

 高崎健康福祉大(群馬県高崎市)の下川哲昭教授らの研究グループは29日、母親になった時に育児放棄(ネグレクト)するかどうかは胎児期に決まるというマウス実験の研究成果を発表した。胎児期に、母体からホルモン「プロラクチン」を適正に受容しないと、将来育児放棄する可能性が高いことが分かったという。研究成果は米国科学アカデミー紀要(電子版)に掲載された。

 実験では、CIN85という遺伝子が欠損している「ネグレクトマウス」を使った。CIN85が欠損すると、授乳や保温など育児行動を促すホルモンと考えられている「プロラクチン」の分泌が低下する。正常なマウスと同様に妊娠・出産するが、育児を放棄してしまうため、生まれた子は2~3日後に死んでしまうという。

この記事は有料記事です。

残り394文字(全文736文字)

あわせて読みたい

注目の特集