メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人生は夕方から楽しくなる

落語家・立川志らくさん コメントで新境地 毒舌は談志譲りでぃ

「休みの日は子どもと外出することにしてますが、女性からずいぶんと声をかけられるようになりました」=横浜市で、太田康男撮影

 平日夜の高座を聴きに行った。横浜市での独演会「新・志らく百席」。男女を問わず幅広い年齢の客が、席を埋め尽くしている。噺(はなし)に入る前の「まくら」には、トランプ米大統領の長女イバンカ大統領補佐官が登場したり、東京都の豊洲市場問題を取り上げたり、時事ネタを満載させて観客席をどっと沸かす。

 「落語家は『世情のあらで飯を食い』なんて昔から言われるぐらいで、世間のことをあれやこれや話すコメンテーターに一番向いてるかも」と師匠。「テレビでも、言いたいことはあまり我慢していない。時にネットで炎上することもあるけれど、思ったことを言っているだけです。だけど、自分のコメントが『正しい』とは思っていないんですよね。いろんな意見があっていい」

 毒舌が幅広く受け入れられる秘密は、この懐の広さにあるのかもしれない。

この記事は有料記事です。

残り1439文字(全文1791文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  2. 小嶺麗奈容疑者、過去に薬物撲滅のCM出演 大麻取締法違反容疑で逮捕
  3. 元NGT山口さん放送に「チャンネル変えて」 投稿の加藤美南さん降格、全メンバーSNS停止
  4. 天空の城ラピュタ ムスカのサングラスが初商品化 パズーの飛行士用ゴーグルも
  5. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです