メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

須賀川市

東京五輪・円谷選手冊子に 原点、活躍を紹介 /福島

 須賀川市出身で1964年東京五輪の男子マラソン銅メダリスト、円谷幸吉選手の功績を伝え、五輪を身近に感じてもらおうと、同市は冊子「円谷幸吉」を5000部作製した。

 小学5年生の男子児童が、市の公式キャラクター「ボータン」に話を聞く形で、円谷選手の生い立ちや競技者としての原点、活躍などを紹介している。

 B5判カラー、28ページ。毎年、市内の…

この記事は有料記事です。

残り90文字(全文260文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 劇場やスポーツ観戦、5月末にも再開 東京都、休業要請緩和前倒し検討

  2. 「守ってあげれなくてごめんなさい」 急死の木村花さんの母がツイート

  3. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

  4. SNSの個人攻撃はなぜ繰り返されるのか 木村花さん急死で渦巻く議論と構造的課題

  5. 埼玉・富士見のマンションに2遺体 「両親殺した」36歳長男を聴取

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです