メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

協定

県警と「発するFM」 犯罪情報提供で7局目 /埼玉

協定を結んだ「発するFM」を運営するNPO代表理事の上杉真由美さん(左)と県警の千装(ちぎら)次男生活安全部長=県警本部で

 住民に危険が及ぶような犯罪が発生した際の情報提供をめぐり、県警は30日、コミュニティーFM「発するFM」と協定を結んだ。県警は昨年3月に県内のコミュニティーFM6局と締結しており、今回が7局目。発するFMは1日から、住民に注意喚起が必要な犯罪の発生情報や、その犯人の検挙情報を番組内などで発信する。

 同様の協定は、2015年9月に熊谷市で…

この記事は有料記事です。

残り175文字(全文345文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サッカー日本代表 「増量と身長調整は失敗」西野監督
  2. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  3. 1型糖尿病 障害年金を 支給求めて提訴へ
  4. 傷害致死 外国人男性刺され死亡 容疑者逃走か 栃木
  5. 小林麻央さん 麻耶“お願い”、海老蔵と交際などの「報道出ないよう見守って」 偲ぶ会でスピーチ(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]