メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

企画展

自転車の可能性紹介 環境問題対応、歴史も 佐倉で17日まで /千葉

欧州では珍しくないが日本ではあまり目にしない、大きな荷物や人を乗せられるよう設計されたカーゴバイクも展示。左は東日本大震災後に埼玉県のメーカーが開発した「リキシャタンク」=佐倉市立美術館で

 佐倉市立美術館(同市新町)で、誕生から約200年がたつ自転車の歴史と最新の姿、環境問題などへ対応する豊かな可能性を紹介する企画展「自転車の世紀」が開かれている。17日まで。

 レースで進む距離を伸ばすため前輪を極端に大きくした1884年製の車や、工芸品のような美しいスタイルの車、最新の電動アシスト車…

この記事は有料記事です。

残り219文字(全文369文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セブン-イレブン 100円ビール発売中止
  2. 安倍首相 「自民亭」出席問題なし 投稿の西村氏は注意
  3. 眞子さま ブラジルへ出発 日本人移住110年で
  4. セブン-イレブン 100円生ビールをテスト販売へ
  5. 男性死亡 尻に空気、死因は窒息 茨城県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]