メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チンドン繁盛記

/27 ユニークな「音楽」/上 世界に魅力発信 /東京

 寄席や芝居のお囃子(はやし)風の下座音楽、軍楽隊の行進曲、無声映画館で演奏された和洋折衷の音曲、サーカスの楽団演奏、流行歌、ジャズ……。チンドン屋は戦前から戦後にかけて、さまざまな音楽や演奏技法を吸収し、世界的にもユニークな「チンドン音楽」を築き上げた。

 東京芸大出身者を中心とした「チャンチキトルネエド」(活動休止中)は、2013年のNHK連続テレビ小説「あまちゃん」のオープニング曲の演奏で、一躍その名を知られるようになった。チンドン音楽をベースに、東欧ユダヤ系の民謡を起源とするクレズマー音楽を取り込んだ演奏が特色。祝宴風のオープニング曲は、まさにチンドン屋の楽隊をほうふつとさせた。

 1995年の阪神大震災直後には、関西を拠点にするロックバンド「ソウル・フラワー・ユニオン」が「ソウ…

この記事は有料記事です。

残り1254文字(全文1600文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はやぶさ2、リュウグウ着陸成功 データ確認で管制室に歓声
  2. はやぶさ2試料採取の意義とは 新たな太陽系のなぞを探る「0.1グラム」
  3. 「大好きだよ、はやぶさ2」ブライアン・メイさんが応援メッセージ
  4. 東京都立高入試、過去最低の平均応募倍率 進む二極化
  5. はやぶさ2 「まさか」科学的に意外だったリュウグウの姿

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです