メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チンドン繁盛記

/27 ユニークな「音楽」/上 世界に魅力発信 /東京

 寄席や芝居のお囃子(はやし)風の下座音楽、軍楽隊の行進曲、無声映画館で演奏された和洋折衷の音曲、サーカスの楽団演奏、流行歌、ジャズ……。チンドン屋は戦前から戦後にかけて、さまざまな音楽や演奏技法を吸収し、世界的にもユニークな「チンドン音楽」を築き上げた。

 東京芸大出身者を中心とした「チャンチキトルネエド」(活動休止中)は、2013年のNHK連続テレビ小説「あまちゃん」のオープニング曲の演奏で、一躍その名を知られるようになった。チンドン音楽をベースに、東欧ユダヤ系の民謡を起源とするクレズマー音楽を取り込んだ演奏が特色。祝宴風のオープニング曲は、まさにチンドン屋の楽隊をほうふつとさせた。

 1995年の阪神大震災直後には、関西を拠点にするロックバンド「ソウル・フラワー・ユニオン」が「ソウ…

この記事は有料記事です。

残り1254文字(全文1600文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サッカー日本代表 「増量と身長調整は失敗」西野監督
  2. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  3. 1型糖尿病 障害年金を 支給求めて提訴へ
  4. 傷害致死 外国人男性刺され死亡 容疑者逃走か 栃木
  5. 小林麻央さん 麻耶“お願い”、海老蔵と交際などの「報道出ないよう見守って」 偲ぶ会でスピーチ(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]