メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
チンドン繁盛記

/27 ユニークな「音楽」/上 世界に魅力発信 /東京

 寄席や芝居のお囃子(はやし)風の下座音楽、軍楽隊の行進曲、無声映画館で演奏された和洋折衷の音曲、サーカスの楽団演奏、流行歌、ジャズ……。チンドン屋は戦前から戦後にかけて、さまざまな音楽や演奏技法を吸収し、世界的にもユニークな「チンドン音楽」を築き上げた。

 東京芸大出身者を中心とした「チャンチキトルネエド」(活動休止中)は、2013年のNHK連続テレビ小説「あまちゃん」のオープニング曲の演奏で、一躍その名を知られるようになった。チンドン音楽をベースに、東欧ユダヤ系の民謡を起源とするクレズマー音楽を取り込んだ演奏が特色。祝宴風のオープニング曲は、まさにチンドン屋の楽隊をほうふつとさせた。

 1995年の阪神大震災直後には、関西を拠点にするロックバンド「ソウル・フラワー・ユニオン」が「ソウ…

この記事は有料記事です。

残り1254文字(全文1600文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  2. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  3. 「平和の少女像」作家が中止後初、表現の不自由展会場を訪問 「かわいそうで涙が出た」

  4. 衝突した車の運転男をひき逃げ容疑などで逮捕 栃木・鹿沼炎上事故2人死亡

  5. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです