メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東名あおり「危険運転」認める 懲役18年
主権者教育

県教委が小学校で授業公開 児童「普段より楽しい」 /神奈川

授業ではグループに分かれて公園とカフェの活性化のアイデアをまとめた。他校の関係者も授業を見学した=中井町立中村小学校で

 政治参加の意義やプロセスを学ぶ「主権者教育」(政治的教養を育む教育)を小中学校でさらに積極的に推進していこうと、県教育委員会は29日、中井町立中村小学校での授業を公開した。児童らは、町内にあるカフェ併設型の総合公園を題材に「活性化のために自分たちにできること」を議論した。県教委によると、小学校での主権者教育の実践は全国でも珍しいという。

 同校は県内で先行して主権者教育に取り組む「実践協力校」の一つ。公開授業をした4年1組の社会科ではこ…

この記事は有料記事です。

残り657文字(全文877文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  2. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. 東名あおり、石橋被告に懲役18年 危険運転致死傷罪を認める
  5. 注意され「カチンときた」 東名あおり事故、被告人質問

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです