メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ショートメール

本物の魅力 /静岡

 JR浜松駅北口から5分ほど歩いた所にある歓楽街・肴町。稲勝義紀さん(77)が半世紀近く営むとんかつ屋「幸楽」は、カウンターの8席のみの店だ。お値段は少し張るものの、評判を聞きつけ県内外から客が訪れる。

 稲勝さんは若い頃、何軒もの肉屋に通い、おいしい肉を探し歩いた。行き着いたのが、バークシャー種と呼ばれる黒豚の純粋種。節約しながら仕入れようと、三島市の肉屋まで片道4時間かけて高速道路を使わずに車を走らせたこともあった。

 肉の味を引き立たせるため、衣や付け合わせのポテトサラダ、みそ汁などにもこだわっている。不ぞろいにし…

この記事は有料記事です。

残り390文字(全文651文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 情熱大陸 「全裸監督」でブレーク 女優・森田望智に完全密着 体当たり演技で注目を浴びたヒロインの素顔に迫る

  2. 警部補が東京・町田のコンビニトイレに拳銃置き忘れ 客が警察に届ける

  3. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  4. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  5. ORICON NEWS れいわ・山本太郎代表、足りないもの聞かれ”皮肉”「有権者を飲み食いさせる権力」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです