メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公文書管理

国が指針改正案 保存範囲狭める恐れ

10日まで意見募集

 政府は国の文書管理ルールのガイドライン(指針)を年内に改正するための作業を進め、10日まで国民の意見(パブリックコメント)を募集している。指針改正案は記録内容の正確性確保を理由に、文書を作る際の管理手続き強化を図る。識者からは、記録される文書の範囲が狭くなり、加計学園問題の「総理のご意向」文書などが今後は残らなくなる恐れを指摘する声もある。

 改正案の柱の一つは、省庁が外部と協議した際、可能な限り相手に発言内容を確認し、正確性を確保して記録…

この記事は有料記事です。

残り1232文字(全文1463文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鳥栖 中1いじめ、謝罪の市 提訴で態度一変「知らない」
  2. 絶滅危惧種 シダ植物自生地ほぼ壊滅 公益財団法人が伐採
  3. 富田林逃走 左のふくらはぎ入れ墨の絵柄を公表 大阪府警
  4. 阿波踊り どうして対立印象づける悪循環に陥ったのか
  5. 欧州ニュースアラカルト サマータイム EUは廃止の是非を検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです