特集

Listening

話題のニュースを取り上げた寄稿やインタビュー記事、社説をもとに、読者のみなさんの意見・考えをお寄せください。

特集一覧

NHK受信料訴訟

公共放送 あるべき姿とは 6日、初の憲法判断

  • コメント
  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 NHK受信料について定めた放送法の規定を巡り、最高裁大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)は6日に初の憲法判断を示す。規定が「契約の自由」を保障する憲法に違反するかどうかが主な争点だが、公共放送の役割や意義についても何らかの言及をするとみられている。判決を前に、3人の識者に公共放送のあり方やNHKへの提言を聞いた。

この記事は有料記事です。

残り2790文字(全文2945文字)

コメント

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集