立憲民主党

5法案、議員立法方針

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 立憲民主党は30日の政務調査会の会合で、公文書管理法改正案など独自の議員立法5法案を今国会に提出する方針を決めた。改正案は森友・加計学園問題を受け、府省庁の会議や審議会の議事録の作成義務を明記し、公文書管理をより厳格化するのが柱。法案提出は10月の結党後初。

 他の法案はカジノ解禁に向けた「統合型リ…

この記事は有料記事です。

残り138文字(全文288文字)

あわせて読みたい

注目の特集