メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロンビアは今

和平合意から1年/1 元ゲリラ「政府頼れない」 支援手薄、社会復帰困難

FARCの元メンバーの自活に向け建設中のホテル前で語るホセ・アルディネベンさん=コロンビア南部メセタスで17年11月28日、山本太一撮影

 南米コロンビアで22万人の死者を出した政府と左翼ゲリラ「コロンビア革命軍(FARC)」との内戦が終結してから11月30日で1年を迎えた。この間、真の和平に向けて何が進展し、また課題になっているのか。現場から報告する。【メセタス(コロンビア南部)で山本太一】

 「政府に頼っても仕方がない。自分たちで自立して生きる道を模索している」。FARCの元メンバー、ホセ・アルディネベンさん(42)は力を込めた。

 南部メタ県メセタスの中心部から車で約1時間半。アルディネベンさんら元メンバーらが社会復帰に向けて一…

この記事は有料記事です。

残り1626文字(全文1876文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ
  2. 都営三田、新宿線を増結へ 22年度目標に混雑緩和
  3. 川崎中1殺害 「暴行中に殺意」リーダー格の19歳少年
  4. リュックの男ためらいなく スリランカ同時テロ現場ルポ 綿密に計画か
  5. スリランカ連続爆破テロ ISに呼応か 実行組織のハシュミ指導者

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです