メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バングラデシュ

「国際社会、難民支援を」 法王、きょうロヒンギャ対面

ハミド大統領(右)の出迎えを受けるフランシスコ・ローマ法王=ダッカの国際空港で2017年11月30日午後3時17分、金子淳撮影

 【ダッカ金子淳】アジア歴訪中のフランシスコ・ローマ法王は11月30日、バングラデシュの首都ダッカに到着した。法王は在ダッカの外交団らを前に演説し、隣国ミャンマーから少数派イスラム教徒「ロヒンギャ」の難民が流入した問題について「国際社会は深刻な危機に対し決定的な対策を取る責務がある」と訴えた。1日にはハシナ首相と会談するほかロヒンギャ難民とも対面する見通しで、改めて難民への支援を呼びかけるとみられ…

この記事は有料記事です。

残り301文字(全文501文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 巨人の坂本、大城がコロナ感染 練習試合中止 19日開幕に影響懸念

  2. 「鬼滅の刃」アニメ制作会社と社長を告発 1.4億円脱税容疑 キャラ店舗帳簿改ざん

  3. 「新型コロナの検査させて」 小学生らを誘拐未遂、容疑で23歳逮捕 兵庫県警

  4. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  5. 北九州市で新たに5人 12日連続の感染確認 累計124人 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです