メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロシアのドーピング問題

クリーンな選手、五輪に 女子棒高跳び世界記録保持者 エレーナ・イシンバエワさん(35)

エレーナ・イシンバエさん=ロシア・ボルゴグラードで2017年11月29日、丹下友紀子撮影

 陸上女子棒高跳びの世界記録保持者で2004年アテネ五輪、08年北京五輪金メダリストのエレーナ・イシンバエワさん(35)=ロシア=が11月29日、毎日新聞のインタビューに応じた。世界反ドーピング機関(WADA)により国ぐるみのドーピング違反が認定されたロシアに対しては、5日からスイスで行われる国際オリンピック委員会(IOC)の理事会で平昌冬季五輪(来年2月)への参加可否について判断が下る。イシンバエワさんは改めて国ぐるみの違反を否定し「ロシアの旗の下で、ドーピングに関係のない選手が出場することを信じている」と語った。【ボルゴグラード(ロシア)で丹下友紀子】

 --昨年のリオデジャネイロ五輪ではロシア選手の出場可否の判断が各国際競技団体に委ねられ、国際陸上競技連盟はロシア国外に拠点を置き潔白が証明できた選手以外の出場を認めなかった。イシンバエワさんも同五輪に出場できないまま引退を表明した。

この記事は有料記事です。

残り975文字(全文1373文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  2. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  3. 東京の感染者、新たに34人 19日ぶり30人以上 新型コロナ

  4. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  5. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです