国連軍縮会議

閉幕 核禁止条約巡り、評価と否定意見

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 広島市で開かれた国連軍縮会議は30日、2日間の日程を終え閉幕した。今年7月に国連で採択された核兵器禁止条約を巡り、評価する声が相次ぐ一方、否定的な意見も示された。中満泉・国連軍縮担当上級代表は「核兵器のない世界は共通の目標。禁止条約と核拡散防止条約(NPT)が対立せず、相互補完性を高める工夫が必要…

この記事は有料記事です。

残り125文字(全文275文字)

あわせて読みたい

注目の特集