メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

命の重み

ペットを飼うということ 寄付で支援も選択肢

 飼い主のいない猫を保護したり、動物愛護センターから引き取った犬を預かったり、犬や猫の殺処分を減らすためのボランティアはたくさんある。だが、家庭や家族の事情で日々の活動に参加できなかったり、体力や健康上の理由から活動を続けられなくなったりする人もいる。そんな時にはボランティア団体に寄付をすることで、活動を支援することができる。

 大阪市内に住む女性(82)は長年、猫の保護活動に関わってきたが、5年前に腕を骨折。猫を保護するため…

この記事は有料記事です。

残り680文字(全文894文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風上陸翌日、自転車飲酒運転で警察から聴取→報告せず豪州出張 埼玉県の部長更迭

  2. 天皇陛下、宮中三殿に拝礼 即位の礼を行うことを祖先に報告

  3. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  4. 皇居近くの首都高でトレーラー炎上

  5. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです