メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外サッカーJ1は7月4日再開 J2、J3は6月27日 実行委が発表
ロシアのドーピング問題

クリーンな露選手、五輪認めて 女子棒高跳び世界記録保持者 イシンバエワさん

 陸上女子棒高跳びの世界記録保持者で2004年アテネ五輪、08年北京五輪金メダリストのエレーナ・イシンバエワさん(35)=ロシア=が11月29日、毎日新聞のインタビューに応じた。世界反ドーピング機関(WADA)により国ぐるみのドーピング違反が認定されたロシアに対しては、5日からスイスで行われる国際オリンピック委員会(IOC)の理事会で平昌冬季五輪(来年2月)への参加可否について判断が下る。イシンバエワさんは改めて国ぐるみの違反を否定し「ロシアの旗の下で、ドーピングに関係のない選手が出場することを信じている」と語った。【ボルゴグラード(ロシア)で丹下友紀子】

 --昨年のリオデジャネイロ五輪ではロシア選手の出場可否の判断が各国際競技団体に委ねられ、国際陸上競技連盟はロシア国外に拠点を置き潔白が証明できた選手以外の出場を認めなかった。イシンバエワさんも同五輪に出場できないまま引退を表明した。

 ◆WADAや国際陸連は一番簡単な道を選んだ。検査で違反が見つかった人たちもクリーンな人たちも、ロシア選手は同じく出場停止にされた。ドーピング違反をした選手がいたのは確か。私はドーピングをした人の味方をするわけではないが、何もしていない人たちが参加できなかったのは不公平。国際陸連の判断は許さない。

この記事は有料記事です。

残り847文字(全文1394文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「くまモンマスク」ほしいモン 知事会見で熱視線 製造企業続々、柄も豊富

  2. 「コロナで仕事なくて…」 詐欺容疑で「受け子」の19歳を逮捕 埼玉県警

  3. 匿名の刃~SNS暴力考 死者が出ないと動かないのか 厳罰化と加害者の情報開示を スマイリーキクチさん

  4. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  5. 少子化 「第1子に100万円」 子供を産みたいと思える環境作りを早急に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです